健康美容情報| Health & Beauty

首や肩こりについて

いわゆる「肩こり」は、頚肩腕症候群と呼ばれ、日本人の国民病とも言われています。
畳の上でのうつむきがちな生活や、お行儀をよくするために前かがみになるなどの文化的背景で
姿勢を悪くし、ひいては背骨をゆがめるためです。それに、たとえ畳の生活が主流でないにしても、
肩は体重の約8分の1といわれる腕を左右にぶらさげ、起きている間中、緊張を強いられています。
約4kgの頭を支えている首、さまざまな首の動きに対応して動く背中など肩の周辺の筋肉も、
終始重労働しています。

その上、パソコン相手のデスクワークや勉強などで同じ姿勢を強いられれば、
肩周辺の筋肉は緊張しっぱなしのため血液の流れが悪くなり、うっ血を起こします。
このうっ血が肩こりの原因です。 一度肩こりが起こると、肩をかばって動かさなくなるため、
さらに肩のうっ血はひどくなります。つまり、運動不足も肩こりの原因。
また、血行を悪くする冷え、自律神経を乱すストレスや更年期障害も肩こりの原因になります。

デスクワークやパソコンの使用などで長時間同じ姿勢を続けることが多い人は、
途中で立ち上がって伸びをしたり、首を前面だけゆっくり回したり、
仕事を中断して気分転換をするなど工夫をしてみるといいですね。
肩や首の局所的な運動に加えて、ウォーキングや水泳など、全身運動も行うといいでしょう。
自分のペースでリラックスしながら体を動かしましょう。

また、うっ血が原因の肩こりの場合は、血行をよくするためにお風呂に入るのも効果的。
38℃~39℃のぬるめのお湯で半身浴をします。
20分~30分、ゆっくり入っていると、血行がよくなるだけでなく疲れがとれ、
ストレス解消にもなります。