健康美容情報| Health & Beauty

眼精疲労について

疲れ目の症状のひどい人が増えています。コンピュータの青色光などの
目に過度な刺激を与える光の刺激を受けたり、
知らないうちに疲れ目の症状を起こしてしまうような環境で毎日生活をしている方が多いようです。

疲れ目(眼精疲労)では、初めに目に疲労を感じるようになります。目の疲労感は、
一次的症状で、その症状がひどくなると肩が凝ってきたり、
吐き気や偏頭痛がするといった二次的症状が現れてきます。

一次的症状が目立たずに、二次的症状だけが強くでてしまうケースもあります。
理由がはっきりとしないのに、身体に痛みや不快感を感じるようになってしまいます。

疲れをひどく感じるとか、きつい仕事や運動をしてないのに肩や背中にコリが現れたり、
目に圧迫感のある人は、他の病気を起こしている可能性があります。
疲れ目(眼精疲労)を疑ってみる必要があるようです。

パソコンを使う頻度の高い人は、仕事に支障がない程度にパソコンでの
仕事を休んでみることも必要です。
症状が少しでも軽くなったら、それは疲れ目が原因である可能性が高いと考えられます。

疲れ目(眼精疲労)があると、目の痛み、充血、かすみ視力低下、
頭痛、肩こり、イライラ、不安、抑うつなどの症状が現れます。
疲れ目がひどくなっている原因を把握し、対応した解消法を行うことが大切です。

疲れ目の解消法としては、ツボ刺激や、アイパック、マッサージなどが効果があります。
また、眼科でメガネ、コンタクトレンズなどのレンズの度を合わせてもらうことも必要です。

パソコンの使用頻度が多い人は、モニターへの映りこみ防いだり、設置する位置を検討しましょう。
手元と部屋の明るさを同じにするなど環境配備をしたり、
パソコンでの作業をする時は、1時間仕事をしたら10分ほど休憩をとるようにしましょう。

疲れ目(眼精疲労)に良いとされるツボは、目尻とまゆ尻の間のくぼんだところです。
眉毛と眉毛の間真ん中、眉毛の中央の下で目と鼻の交差する場所、
目の下のくぼんでいる箇所を指で軽く刺激を与えることで疲れ目を効果的に解消してくれます。