健康美容情報| Health & Beauty

不眠症について

睡眠は「長さ」、「深さ」、「リズム」の3要素から成り立っており、この3つのどの調子が乱れても睡眠不足を感じるようです。ここでいう深さとは、ノンレム睡眠の深さのことで、リズムとは睡眠・覚醒リズムのことです。
不眠症の原因は期間もタイプもさまざまで、複数の原因が重なっていることも多いうえに、患者の訴えに基づいているため、実際には多少の睡眠をとっても、本人が眠れなくてつらいと訴えれば、不眠症と診断されます。
不眠症の原因は、臨床上、次の5つに分けられます。

<身体的原因による不眠症>
発熱、腫瘍、血管障害、心疾患、消化器疾患、内分泌代謝疾患、ぜんそく・慢性閉塞性肺疾患などによる身体的不快感から起こる不眠症です。痛みやかゆみが睡眠を妨げることもあります。

<生理学的原因による不眠症>
「時間帯急速移動症候群」ともいわれ、時差ぼけ、昼夜の交代勤務、短期間の入院、ネオンや騒音など環境によって引き起こされる不眠症です。

<心理学的原因による不眠症>
精神的ストレス、極度の興奮や緊張、精神的ショック、転居などの生活環境の大きな変化による不眠症です。

<精神医学的原因による不眠症>
アルコール依存症、不安神経症、うつ病、統合失調症などの症状のひとつとして起こる不眠症です。

<薬理学的原因による不眠症>
アルコール、抗がん剤、降圧剤、自律神経・中枢神経作用薬、ステロイド剤、甲状腺製剤、カフェイン、ニコチン、麻薬なども不眠症の原因となります。


不眠の原因の多くは、不安、緊張、興奮といった精神的ストレスです。一時的なストレスが解消した後も眠れないことに対する焦りや不安が続くと、余計に眠れなくなって不眠が慢性化することになります。この症状は神経質な人に起こりやすく、神経質性不眠症とよばれます。
実際は本人が訴えるほど睡眠が障害されていないのが特徴です。
ぜんそくの発作やからだの痛み、咳、動悸、かゆみ、夜間頻尿など、何らかの疾患によって引き起こされる身体的不快感から不眠が起こることもあります。

睡眠中に何度か呼吸が停止する睡眠時無呼吸症候群や、下肢の筋肉がけいれんする睡眠時ミオクローヌス症候群では睡眠が中断され眠りが浅くなりますが、本人には自覚がなく、十分に眠っているはずなのにからだがだるいと感じます。
時差ボケや昼夜の交替勤務などによる不眠は、環境の変化にからだが適応できないことから起こります。短期間の入院や旅行先での不眠も同様です。強い明かりや騒音、高温、多湿など不快な環境のために眠れなくなることもよくあります。
うつ病、神経症、統合失調症、アルコール依存症などの精神疾患の症状の一つとして現れる不眠もあります。特にうつ病では、ほとんどのケースで不眠が現れるので、診断の目安として重要です。

抗がん剤、降圧剤、ステロイド剤などの薬剤や、カフェイン、ニコチンなど嗜好品に含まれている物質が不眠を引き起こすこともあります。逆に、常用しているアルコール類や睡眠薬の使用を中断したために不眠になることもあります。
実際は、これらの原因が複雑にからみあって不眠が起こります。


不眠症対策として注目されているのがアロマセラピーです。
不眠に効果の高い精油は、カモミール、ラベンダー、ローズなどです。同じものだけを使うより、何種類かを用意して気分や体調によって使い分けるとよいでしょう。
マッサージはこれらの精油2~6滴を10mlのブレンド用のオイルで薄めて使います。入浴剤として用いる場合は精油を1回に5~10滴入れ、香りが飛ばないうちに入浴します。